· 

ピンイン教本-2 通じるために重要な声調!声調で最初にすべきことはなに?

上海の市場で現地の人と話すと、相手のスピードと癖と訛りに翻弄されます。でも「通じる現地での会話」は必ずしも母音や子音が正確である必要もないし、話す文も癖だらけ(現地での自然な言い廻し)です。

そうしますと、中国語で通じるポイントは何でしょうか?答えは「声調!」です。訛りがあっても、つまり日本語的ないかにも日本人が中国語を話していると相手は思っても、声調が正しければ容易に通じます。逆にどんなにきれいな発音つまり母音や子音が正確でも、声調が間違っていれば通じません。

■ 要点                              
声調を身につけるうえで初めにおこなう練習、音域拡張トレ音域拡張で北京大学お勧めの効果的で簡単な練習方法があります。

他にも「ピンク帽子のドレミファソ」のピアノのメロデイーに合わせて中国語トーンの音域ドとソの感覚をつかんで、中国語の音域を確認してみましょう。

間違えると意味が通じにくくなるのは?

 

画像6を拡大表示

子音は発音が正確でなくてもある程度は通じます。正しい発音を標準とするなら、子音の音が少し外れてもそれは訛りと受け止められます。実際、中国語には北方中国語、南方中国語という方言がありますが、大概は子音の一部の箇所の発音の違いによるものです。

しかし間違えると意味が通じないのが声調!です。声調を間違えると言葉が別の言葉か、或いはあり得ない言葉になるため、中国人には「听不懂!・何を言っているのかわかんない!」と言われてしまいます。子音・母音がきちんとしていなくても听不懂!とは言われません。聞き返されることはあります。

中国では小学校に入ってからピンインの授業で子音・母音の正しい発音を勉強します。

日本の小学校で最初の授業が「あ・い・う・・・」とアナウンサーのような発音授業が必要とは考えにくいですね。ちなみに日本語ではそのような練習を発音ではなく発声練習と呼びます。発音練習とは言いません。

それで、まず通じる中国語を話すには声調を先に身に付けましょう!声調にはいくつかの特徴があります。正しい声調で話せば、子音・母音が完璧でなくても听不懂!とは言われなくなるので、話すことが怖くなくなります。

さてまず声調を音符に置き換えて、そのトーンの姿をみてみましょう。

声調図

 

上記の声調の図は、北京大学の漢語語音教程の原図からトーンの部分に五線譜のようなラインを目安にして、記述しました。矢印が各声調の起点と終点の位置になります。

 

下の図がテキストの原図です。各声調の音の出だし(起点)と終わり(終点)のトーンを表しています。起点から矢印の印までがトーンの変化と長さです。

 

一声と二声は短めで三声と四声は長めです。上記の図は学習用に編集し直しています。一声は少し長めになっていますが、一般的な教え方で伸ばすとあるからです。

 

三声は半三声で表しましたから、後半の昇るラインはありません。上昇させずに横に伸ばしています。

 

声調は四声といわれるように基本は4つのトーンで成立します。軽声といわれるおまけのようなものがありますがそれを入れても4+1です。日本語でも橋と端、雨と飴のようなトーン違いで意味が変わるものがありますが、中国語は4つですから、少し複雑です。

 

日本語と中国語の音域を比べてみてください。ドからソの5つの音譜で区別しています。日本語の音域はレ・ミ・ファ程度ですが、中国語ではドよりも低い音域からソまで幅があります。

 

一番のハイトーンは一声で、ソで横に伸ばします。三声はドよりも低い音をお腹の下で出します。

 

もし日本語の音域の範囲内で、つまり一声がファあたりで三声がレあたりですとその範囲で声調を口にだしても、真ん中あたりで少し音が上がり下がりしているだけですので、聞き分けにくい声調になります。

 

画像を拡大表示
画像を拡大表示

緑のラインが日本人発音を表してみました。音域に差がないと、こんな感じですから、不明瞭声調になってしまいます。

ですので最初にすべき発音の練習は言葉のトーンの「音域を広げる」ことです!

画像を拡大表示この音域練習で注目したいのは、北京大学の「四声実際読音図」で提案されている、トーンの一番上と下を意識した練習です。
漢語語音教程1&3声、2&4声。簡便法を拡大表示
                                     漢語語音教程
画像を拡大表示

漢語語音教程の最初の図は「四声5度標記法図(トーンを示した図)」とあり、学習と取得を容易にするためにその简便读法(簡易的な読み方)として、まず最初に一声と半三声をセットにしてトーンの高低を練習し、次に二声と四声をセットにして昇(昇る)と降(くだる)感覚をつかむことを勧めています。

画像を拡大表示
画像を拡大表示

日本語のトーンは2から4くらいの幅ですから、1から5の幅は日本人の感覚では言語ではなく歌の音域です。ですので、音楽のドレミを活用して音域拡張のトレーニングを基礎練習として行うことをお勧めします。

つまり一声×三声の練習で良く行うma で 「Mā  mǎ」とではなく、「ソードー」で音程を確認してからMaへ切り替えるという方法です。

正しい音域を身に付けておきませんと、私たち日本人は例えば「他/Tā」の音程がソーに上がらずにドかレあたりの音程で発音してしまいます。ハイトーンのソー♪メンでなくて中間トーンのレー♪メンになってしまいます。

次の要領で「ドレミファソラシド」と歌にして、トーンの確認から始めまることをお勧めします。

画像を拡大表示
♫ ド・レ・ミ・ファーソーラーシード― ♪

一声のトーンは「ソ」です。三声は「ド」を更に低めにします。ですのでまず、ソードー、ソードー或いはドー、ソー、ドー、ソーを繰りかえします。時々あえて一番高いソをラまであげてラードー、ドーラーとしてみます。音域の感じがつかめましたら「ma」に変えて行います。

ドーソーの音程で自信のない方はこんなメロデイーも参考にして確認できます。

次に二声と四声ですが、意識するのは二声の最後が一番上まで上がることを意識します。降る(くだる)4声では、一番高いところから最も低いところもで一気に降ることを意識します。

「ソー」へと昇る音(昇)と「ドー」まで降る音(降)をセットにして、先に昇る音(昇)それから降る音(降)を練習します。二声は最後がキュットあがります。四声は落とすだけでなく力を込めましょう。拳でたたきつけるイメージです。マア―ッ!で高止まりし、次にマ!アーーツ!と落とすイメージ(太字を強調して発声、アーーツで力を込める)ですね。

ア―ッ!と上げて、マアーーツ!と落とします。

こちらの動画を参考にお載せします。

YouTube発音講座チャンネルのいなばあきこ先生です。「中国語の学び始めは3声と1声の音の幅を大きめにとることがポイント‥」と言っておられます。とっても分かり易いそれこそポイントをついた説明です。

ピンインの練習にはいなば先生のチャンネルはお勧めです!沢山載せられていますから、ピンインのマスターにはこれでもかというくらいに練習できます。

■ まとめ画像を拡大表示高音と低音の音域拡張!を頑張ろう!

1:まずは声調の基礎トレーニングとして、音域を広げる練習をしましょう。

 

2:声調の音域感覚を掴むため、高低は一声三声をセットで、昇る降りる(落ちる)は二声四声をセットにして、行いましょう。

 

3:発声の際の長さも意識しましょう。「第 3 声が最も長く、第 4 声がそれに続き、第 2 声と第 1 声は同じで最も短い」。三声は最も長く、一声二声は短くです。