日本語と違う母音の働き!奇妙に感じませんか? 日本語の「す」はSuだけです。中国はSuとSiで表記される二つの「ス」があります。日本語とどこが違うのでしょうか?

🔳要点  ● 二音節発音の原則:2音節目の声調を強調する! ● 二声×三声、三声×二声の2音節をマスターすれば8割OK、徹底マスター!

🔳要点  ● ドレミファが言えても、歌は歌えない。ローマ字読みから脱却すること!                                 ● 中国語らしさは声調と声調符号の付く母音をはっきり発声! ●  時々見かけるアポストロフィーの記号、あれは何?

🔳要点                             ● 各声調のポイント・単音節での声調、動画から学ぼう!                                 ● 一声(高・gao1)➤高く平ら!伸ばしすぎに注意、他                            ...

🔳要点                                ● 声調を身につけるうえで初めにおこなう練習、音域拡張トレ。 ● 北京大学お勧めの簡単な練習方法! ● 日本人が最も苦手な声調、二声と三声、声調の長さにも注目。

🔳 要点 ● 発音の根本のコツをつかもう! ● 通じる中国語にするために、まず声調をきちんと学ぼう!    ● 声調を身に付けるために、土台として音域を広げよう!