No5 二音節声調16組トレーニング

 

🔳要点 

 

● 二音節発音の原則:2音節目の声調を強調する!

 

● 二声×三声、三声×二声の2音節をマスターすれば8割OK、徹底マスター!

 

 

前回では二音節トレーニングに入る前に知っておくべきこと、また準備としてすべきことを取り上げました。

 

知っておくべきポイントは二つです。

 

1:母音にアクセント

2:正しい拼音の区切り方を意識

 

声調とピンインの発声の基礎はまずローマ字読みから脱却すること!このことがとても大切で、ローマ字読みは言い換えれば日本語読みですから、この影響が残るうちは、ネィティブの声調を身に付けることができません。

 

それで、初級テキストにはピンインが振ってありますから、そのピンインの各漢字一つのピンインに子音と母音の間に|を入れて、母音をはっきりと読む、母音には声調符号がついていますから、その符号に赤ペンでマークするなどしてから、発音練習をお勧めしました。

 

🔳 実践編

 

単音節での声調は4っつです。そうしますと2音節での声調の組み合わせは4×4=16 の組みあわせがあることになります。

この組み合わせで、言い方( 表現方法)のコツを取りあげます。

 

なお2音節の発音を行う際も、声調ですから当然トーンの高低は重要です。でもさらに各声調をよりはっきり目立たせるために、それぞれの声調の個性を知って、二つ組み合わせる際に、その個性で言い分けやすく工夫をしますと、聞く方も違いが掴めて、より通じ易くなります。

 

No1/理論編で各声調の持続時間は「第 3 声が最も長く、第 4 声がそれに続き、第 2 声と第 1 声は同じで最も短い」と述べました。

 

二声三声は聞き分けが難しいと言われますが、この特徴を利用することができます。三声は長く全体にゆっくり目ですが、二声は最も短いとあるので、二つの声調の組み合わせでは、意図的に長さの違いを強調することで、メリハリをつけることができます。

 

とくに二声の転換点のあと上がる部分は二声の個性ですから、そこを強調して、よりスピードを上げてキュット突き上げて終われます。

 

講師との練習の中で確認もしてください。

 

まず二音節発音で押さえておいて頂きたいことがあります。

 

二音節発音の際の原則:2音節目の声調をとくに強調する!

 

下記に引用した東外大モジュールでは発音のサンプルが載っています。聞いて確認をしてください。

 

東外大モジュールからの引用です。

 

「2音節の語句は一般的には2音節目を強く言います(1音節目のほうが若干強い語句もある)。

もちろん2音節目が軽声(2.2で述べた「半軽声」も含む)の場合は当然1音節目を強く言います。

 

 ※ 引用: 東外大モジュール中国語発音実践編3 3 ネイティブ並の発音を身につけるために > 4 2音節語句のストレスパターン

 

日本語との対比で次の点も覚えておいておきたい点です。

日本語との対比:日本語話者は往々にして2音節目を強く言うのが苦手なので注意して下さい。」

 

🔳 声調別に発音のポイントをざっと取り上げます

1, 前の音節が一声のGP

一声×一声➡ 2音節目の声調を強調ですから、2音節目が下がらないようにキープします。

 春天(chūntiān) 参加(cānjiā) 飞机(fēijī) 

 

一声×二声➡ 後ろの2声が前の一声の影響を受けて、高いところから発する二声にならないように、一度トーンを

 落としてから上げます。中国Zhōngguó加油Jiāyóu 欢迎Huānyíng

 

一声×三声➡ 音域差をはっきりと。喝酒Hējiǔ 风景Fēngjǐng 方法Fāngfǎ

 

一声×四声➡ 2音節目の声調を強調ですから、四声は前の一声より高めのトーンにして、一気に力を入れて落とし

 ます。 吃饭Chīfàn 高兴Gāoxìng 音乐Yīnyuè

 

2, 前の音節が二声のGP

 

二声×一声➡ 2音節目を強調ですから、一声は前の二声の最後の高いトーンより更に高めに。明天Míngtiān 时间Shíjiān 成功Chénggōng

 

二声×二声➡ テキストによっては後ろの二声の出だしを下げてから上げる、と教えていますが、実際には二声のトーンを落としてあげますと不自然さがあります。 足球Zúqiú 邮局Yóujú 食堂Shítáng

 

これはお勧めの動画があります。あとでご紹介します。

 

ニ声×三声➡ これも2音節目の第三声を思い切り低くすることがコツになります。游泳Yóuyǒng 牛奶Niúnǎi 男女Nánnǚ

 

二声×四声➡ しっかり上げて、そこから一気に落とす。

二声と四声ではそれぞれの声調と組み合わせの二音節での良い動画があります。文章ばかりみてますと疲れますよね。どうぞ動画をご覧ください。

 

YouTube中国語発音講座のチャンネルからです。

日本人の先生の教え方はさすがツボを心得ているという印象があります。

3, 前の音節が三声のGP

 

三声×一声➡ 一声×三声の音域差をはっきりと、と同じですね。好吃Hǎochī 老师Lǎoshī 北京Běijīng

 

三声×二声➡ 二声×三声ではこれも2音節目の第三声を思い切り低く、でした。ここでは三声が前ですが、やはり三声を低くすることが大切です。三声を低く仕切れないと、2音節目の二声が上がらなくなってしまうからです。


この二つの図をみますとTone2(二声)とTone3(三声)の起点(音の出だし)が互いに近いことが分かります。さらに二声は最後の方が上に角度をつけて上がります。

 

半三声ではない三声の場合は、やはり後半でトーンはぐっと上がります。

三声のトーンの起点がすこし上がりますと、二声とかぶさった同じような形になって、区別がつきにくくなってしまいます。

 

No1で日本人の声調の特徴として、二声と三声は最も間違えやすいと書きました。単音節でも間違えやすいのですから二音節ではなおさらです。

 

実際二音節で「二声×三声の組み合わせ」をマスターすれば、長い文章でもかなり正確な声調で読み通せるようになります。

 

三声×二声の練習単語の代わりに、アジアの言葉教室、いなばあきこ先生の動画をお載せします。 一緒に練習をしてみてください。

 

中国語を話しやすくするカギは3声にあります。と述べておられ、三声と二声の単語の組み合わせが多いので、三声×二声の二音節声調を身に付けることが、通じる中国語を話すうえで重要だということも強調しています。

 

三声×二声 では もう一つ声調図を豊富に使ってとても分かり易く説明された動画があります。「夏季老師の日本人のための中国語チャンネル」、登録者数 4290人(2021年8月中)という人気の動画です。ご紹介します。

 

 

ともかく図解が多く中国語初心者でも分かり易いのがいいですね。また二声の発音が一般のテキストにはない実践性が素晴らしいです。

 

ちなみに中国人研究者の音声学の研究から二声と三声を分析する際、二声、三声内でのピッチの転換点がとても重要になっています。ですから二声を45度以上の一本調子の直線昇り矢印で理解をしていますと実際のネィティブの中国語とは違ってしまいます。

 

ちなみに日本人が二声三声が苦手な理由が一音節内でのピッチ転換は日本語にはないので馴染みがない発音ということを認識していれば、他の人も苦手なんだと納得でき、二声三声の練習に前向きに取り込めると思います。

 

三声×三声➡  三声の連続です。が、これはご存じのように一音節目の三声は二声に転調しますから実際は二声×三声になります。

 

三声×四声➡ ポイントは三声を半三声で低く抑えることと2音節目の四声の起点の高さを取る、つまりここでも音域の差を明瞭にすることです。いなばあきこ先生の動画では「三声×四声」もありました。ご視聴をお勧めします。

 

※ なお当教室ee!chaiで別途作成した動画を生徒様が自己学習できるようにサポート資料としてレッスン時にお配りしています。教室用非公開資料ですので、Noteでは他の先生ばかりのご紹介ばかりになりますが、自己学習されるかたは、ぜひこうした先生たちの動画から学ばれることをお勧めします。

 

4, 前の音節が四声のGP

 

この一音節目の四声の組み合わせは最初の音をガツンと強く落として発音しさえすれば、二音節目がどの声調であれ間違うことはあまりないので、難しくない組み合わせです。ですからどの項目でも冒頭は「最初の音をガツンと強く落として発音」ですから、それを添えて読んでください。

 

四声×一声➡ 二音節目が一声ですから一度下がった音を、きちんと最も高いトーンに戻ることを意識しましょう。上班Shàngbān 电车Diànchē 大家Dàjiā

 

四声×二声➡ 下がって上がる、ですので二音節目も負けずにきっちりあげましょう。数学Shùxué 去年Qùnián 未来Wèilái

 

四声×三声➡  落ちて沈み続ける感じでしょうか。电脑Diànnǎo 日本Rìběn 政府Zhèngfǔ 日本の日Rì の声調が弱い、つまり軽く発音しますと通じないので力をいれましょう。

 

我Wǒ 是shì 日本人Rìběnrén。私は日本人です。と言ったのに、え!と聞きかえされたら、どんな反応になりそうでしょうか?

 

まず通じなかった原因は是shìと日本人Rìběnrénの二つの四声の言い方が弱かったか、難しいRìの子音Rがまだ上手に言えなかったことが考えられます。でもせめて日本人の日(Rì)だけでも堂々と強く言えば通じたかもしれません。

聞き返されてさらに弱くなりそうだったら、通じない方が悪いぐらいのつもりで思いっきり、言い返してやりましょう。我Wǒ 是shì 日本人Rìběnrén。

🔳 まとめ

 

実際の練習に入る前にすべきこと

 

■ ローマ字の影響から脱する

 

1:子音と母音の間に区切りのスラッシュ |を入れる                                   2:母音の上に四声のマークを赤ペンで上書きする。声調マークの付いた母音はとくに明瞭に発音する。

 

■ 2音節での発音の場合、2音節目を強く言う。2音節目の声調はとくに、はっきりと発音する。

 

■ 日本人が最も苦手な「二声×三声と三声×二声」を徹底的にマスターする

 

 

🔳 次回からピンインに入ります。

 

通じるようになったら、きれいな中国語、中国人流に言うならば「標準!だ」と褒められたいですよね。

 

声調の次に通じるうえで重要なのが「母音」です。日本語の母音「あ・い・う‥」は固定した発音ですが中国語の母音は少し変です。ピンインで?と感じることの多い母音、そしてともかく複雑なのが「子音」でもなぜ変で、複雑な子音はどのように練習したら複雑でなくなるかを取り上げます。