· 

ピンイン教本-7 状況に合わせて柔軟に変化して対応する中国語の母音!

i なのに「ウ」で発音(Si)、単母音では難しい発音の「e」が複合母音の「ei」では「エ」で良かった、などピンインの母音の記号は訳が分からないと感じる人がいると思います。前回と今回の記事でその原因を整理してみました!

前回は「Si」で、その原因の一つを下記のように見定めることができました。

母音を表すピンインは・・・・「口の開け方」の標識でもあります。例えば“a”は口を大きく開く、“i”は横に引くという形を表します。

日本人のための中国語完全教本p15「母音の章」

分かり易い言い方では「聞こえる音の記号だけではなく、言い方の記号」という特性もあるのではないか、という見方です。背後にあるのは音韻論からの分析でした。

 

画像を拡大表示
中国語の二つの「ス」

このケースとは別なピンインの特性をこの記事では取り上げます。日本語にはない「i」の発音の別な面に、日本語とは性格が真逆な中国語の特性が見えてきます。

3っつの「i」の現象

三つの「i」を拡大表示

③は前回取り上げましたので、今回は省きます。
ここで①と②も「i」で表記する同じ母音ですが、音色に微妙な違いがあります。

①は「j・q・x」の子音グループで舌面音と言います。アスク出版の中国語発音完全教本p70ではこのグループの口の構えは「口を真一文字に横に引く「i」の形、とあります。前回の「Z・C・S」、今回のこの表では③ですが、舌歯音の口の構えと全く同じ記述です。

前回は①と③が同じ口の形にも関わらず①は「ス」といい③は「ウ」と言いますから、なぜそんなことがあり得るの?というローマ字に慣れた日本人の素朴な疑問でした。

では①と②の違いは何でしょうか?

①は「口を真一文字に横に引く「i」の形、つまり単母音の「i」と同じ発音です。ところが②の「zh・ch・sh」のそり舌音ではアスクの教本では口の構えを「口を横に引く」という記述になっています。本の更に補足のコメントでは『「舌をそり上げることによって「i 」は「イ―」とは異なる音になるので、はっきりと「ジ―・チ―・シー」に聞こえたら・・そり舌ができていない証拠です。』

『はっきりと「ジ―・チ―・シー」に聞こえたら・・そり舌ができていない証拠です。』これはとっても興味深い表現です。母音の「イ」を短母音の「i」できちんと発音したら、子音のそり舌の発音にならないのでダメ!と言っています。

言い換えると、母音の「イ」の音は子音のそり舌に合わせて少し崩してください、真一文字に引かなくて「口を横に引く」程度にしておいてくださいということですね!

ee!chaiでも①舌面音の「ji ・qi・ xi」の「i」は普通の短母音の「i」で、明るく鋭い「i」です。②の「zhi・ chi・ shi」はそり舌の後ですから、こもった「i 」です。つまり同じ母音でも子音によってニュアンスの違う発音になります、とお教えします

画像を拡大表示
ここから何がわかりますか?

中国語の母音は、子音に合わせて音を変えるということが分かります。

日本語では母音「あ行」で子音が「か・さ・た・な…」と、どの子音でも母音の「あ」の音が変わることはありません。

子音に合わせて母音は変化するだけではありません。単母音の音が複合母音になると変わってしまうという現象もあります。

他にもこんなに変わる母音の発音

a.e.iの音の違いを拡大表示

母音「a」「e」は、単母音の発音が、複合母音になった時に音色を変えることがあります。

「i」はいままで説明した二つの理由、ピンインには母音が「口の形を表す標識」のため、「i」の口の形で「ウ」と発音、もう一つが子音の影響を受けて母音の口の形がすこし崩れるでした。

もうひとつが複合母音になると単母音とは違う音に変化するです。単母音「a」は日本語の「あ」に近い音です。それが「ian」では「イン」、単母音の「e」は短母音では「エともオともつかない曖昧な音声」ですが「eng」では短母音と同じ発音なのに「ei・en」では「ン」に変化します。

母音の変化はそれほど多くはないので、発音全体が混乱するほど難しいわけではありません。

ピンインの特性さえつかめば、またそれが日本語のローマ字表記とどう違うかが理解できれば、中国語の発音をどのようにしたら良いかが、頭で理解でき、マスターするコツもつかみやすいと思います。

3つめの母音で単母音が複合母音で言い方が変わってしまうのは、ピンインは「言い方の記号」という特徴で理解できるのではないかと考えます。

私たち日本人にとって複合母音の概念が本当には理解できていないところに原因があるように思います。

複合母音もしくは複母音ですが、これは複数の母音が+で結合しているわけではないんですね。

たとえば代表的な複合母音は「ao」は母音「a の口の開き方から o 」へと口を滑らかに変化させて、「アオーと一つの音」にします。「口が動いて変化する滑らかなメロディーのような音声の一塊」一つの母音なんです。

と説明されても、そのメロディーのような一塊がひとつの母音という感覚が実感として理解できるでしょうか?

日本人には理解するのは難しいと思います。原因は声門閉鎖の違いからおきる現象なのですがこれはこのシリーズの締めくくりの記事で取り上げます。

ですから単母音「a/あ」が「ian」では「イン」と変化するのも「i の口の形からnまでの口の動きが i↬ a↬ n と動くため」間に入る「a」が、「あ」ではなく「え」に聞こえるのも自然なことと理解しても良いのではないでしょうか。

ちなみに「iang」では「i↬a↬ng」ですから「i↬a」と口が動くとき「a」は単母音の「あ」に近い音になりますね。これも口の動きからすれば「いえんぐ」とも言えなくはないですが、「ィアーン」の方がより自然な発音と言えます。

中国語の母音はずいぶん日本語と違います。

次回から日本語との違いの本丸ともいえる、「子音優先の中国語、母音優先の日本語」そしてさらにピンインマスターの標語「完ぺきな中国語発音!子音優先!母音重要!」へと展開していきます。