分かる!使える!を追求、通じるようにお教えするレッスン!

中国語は日本語にはない発音や、語順という独特の文法もあり、難しく感じるかたも多いようです。

 

当教室では、日本語が堪能な中国人女性講師に、日本人に納得しやすくお教えできるよう指導しています。

 

レッスンの分かり易さに加え、さらにスキマ時間にちょっと学べる、フォローの教材をnoteでお流しします。質の高いYouTube動画や使えるアプリも紹介、生徒様が中国語を難しく感じないようレッスンだけではなく、サポートも充実させました。

長年培った中国語専門教室のレッスンがどのようなものか?ぜひお確かめください!

 

入校の 生徒様の声 をご紹介!

 

それぞれ担当講師別で取り上げてみました。今後はレッスンのことやHSK受験のことなども随時取りあげてご紹介します!

※ なおメールをキャプチャーしてますのは日付が入りますので、最新の声をご案内するためです。個人情報も関係しますので
黒塗りの箇所がありますのはご了承ください。


丁寧で分かり易いという評価を頂いております。また実際に中国語で会話ができる楽しさを味わっていただけますようにレッスンに工夫を加えております。


中国語は英語に次ぐ世界で影響ある言語です!             中国語を身に付けて活躍のフィールドを広げましょう!

初めて学ぶ中国語はマンツーマンレッスンが最適です!

一般的に中国語は難しい!と良く言われます。

 

原因は 

  •  発音が難しい:日本語にはない発音が多く、また声調というトーン違いで意味が違います。
  •  文法が難しい:英語や日本語では品詞ごとに単語の形があります。中国語では同じ単語で複数品詞を兼ねますまら、単語の外見で  でどの機能(名詞なのか形容詞なのかなど)かが良く分かりません。語順文法という文法ルールがあります。語順を間違えると意味が通じにくくなります。
  •  日本語や英語と全く違う表現方法があるので、吞み込めないまま学びますと消化不良を起こします。

まずは通じるうえで最も重要な発音ですが、ピンインのなかでも間違えると意味が通じなくなる声調に焦点をあてます。声調はコツをつかめば、それだけで中国語らしくなり、通じ易くなります。

 

次に母音・子音ですがここは学ぶ量も多いので、レッスンでは重要な部分をとりあげます。

 

YouTube動画の中で、とくに分かり易くて、でも勉強になる良い先生の動画などを取り上げますので、家でゆっくりみて、知識やポイントを深めながら、教室では講師に出来具合をチェックしてもらいましょう。

 

NHKの声調くんのアプリで自分でも声調を確認できるようにお教えします。

単語は正確に言えても、文章として意味が伝わりやすくするうえで欠かせないのは音読のレッスンです。ピンインを正確に読むあまり、トツトツ読みになると却って通じにくくなります。リズムやイントネーションも身に付けましょう。

 

自然で流暢な読み方は会話に直接影響します。

 

テキストやその他の題材から、活きた会話を講師とQ&A対話で会話トレーニングをします。講師の質問に応える形ですから、自分で作文をする必要はありません。

 

インプットが不十分な状態でのアウトプットは変な中国語を話す原因になります。

 

教室レッスンだけではインプットは不十分です。でも中国ドラマをみてもついて行けません。他方初級者向け動画は子供向けアニメになり、あまり大人の会話には役にたちません。

 

大人のシーンで言葉が簡単で実際に使える語学ドラマをご紹介します。いわばプールでの泳ぎのように作られていますから、まずそこから耳慣らしも行います。

 

実際外国語の会話が上達する人はTVや映画を沢山見る人です。コツは同じシーンを何度も見て、口から言葉がついてでるようになるまで見続けることです。

WeChatやアプリも使って、本当のコミュニケーションも行います。

文法の骨子を学べる国内版のテキストもしくは現地の自然な会話を豊富に扱った中国の輸入テキストをベースにしながら学びます。

 

しかし、テキストだけのレッスンでは、会話の力は身に付きません。ですので実際の会話が習得できるように、動画やアプリのレッスンを組み合わせます。 

 

目標はスマホを片手にWeChatを使って中国人とコミュニケーションする姿です。実際にそうしたレッスンも行います。 

#棒人間 #ちょこぴょ

現地で通じるレッスンって?

現地に住んで中国語を覚えようとしたとき、聞いて話して、多少訛りはあっても、なんとか通じる自然な中国語を身に付けることができます。

 

同じことをレッスンで体現してみましょう!

 

発音ではまず最もトーンの高い一声のトーンを覚えましょう。
「ドレミ」の「ソ」です。

 

「ソ」と言ってから次に低い「ド」を言って、その「ド」よりももっと低くした「ド」をいいます。しれが三声のトーンです。

 

そのふたつの、高い「ソ」と低い「ド」を交互に「ソ・ド」と何度も言って、高さと低さの音域だけを日本語よりも広げます。

 

自分の四声を確認できるアプリもありますのでそれを使えば自分の弱点、多くは四声のトーンの高低差がなく曖昧という日本人特有の問題点が浮かび上がります。

この段階では、子音の難しい発音は後回しにしてしまいます。まずは声調だけ、そのなかでも一声と三声だけ中国人らしいトーンにすれば、子音が少し間違っていても、それは訛りと受けとめられ意味は十分中国人に通じます。

 

会話では簡単な言い方でいろいろ言えるように練習します。「口で行うアウトプットトレーニング(自問自答のつぶやき方式)」で入門会話のフレーズが口をついて出るようにマスターします。

「是」の表現だけでも結構いろいろなことが言えるものです。

是・在・有の文と、什么・怎么・为什么の言葉を操るだけでも、「つぶやきアウトプットトレーニング」と講師との「Q&A対話」でかなりしゃべれるようになるものです。

サイトトランスレーションという頭から意味を取る通訳のトレーニング技術があります。それを初心者向けレッスンにも応用、チャンク音読という意味の塊で文の朗読トレーニングも行えば、意味の取り方も身に付き、話し方も自然でスピードのあるものになります。

 

学び始めで、中国語でコミュニケ―ションをとることの楽しさを味わいましょう。そうすれば中国語学習のやる気スイッチも入ります! 

#棒人間 #ちょこぴょ

本格的に学ぶって?

でもそれだけでは、通じるけど発音に癖があったり、少し複雑なことを話そうとすると、語順が間違ったり、語彙の使い方がおかしかったりします。

 

発音では次に子音の発音で口や舌の構えをしっかり身に付けましょう。文法の知識も必要です。文型別に語順を固めましょう。補語を使い中国語的な表現の幅も広げます。

 

■ 発音

発音は中国人が小学校でピンインという標準中国語(普通話と言います)を習います。その時の方法(合体式)を使います。子供向けですから理屈がありません。身体で覚えます。でも大人にはそれだけでは、納得できません。理屈を知って身体で覚えるようにします。

 

発音で日本語との違いを母音・子音・トーンにわけて口の形や舌の位置、息の使い方をフォームで解説します。最初のトレーニングは簡単に練習できる小学校教科書でやってみましょう。その後は北京語言大学の発音漢語教程のなかから、実際によく使う単語や文の豊富な練習問題でトレーニングをします。

 

■ 文法
同じ単語が複数品詞を兼ねる中国語では、単語の置かれた位置で品詞としての役割が決まります。文型別に語順表を提示、こういうことを言いたいときにはこの文型を使うというようにして、ネイティブの表現方法を文型別に身に付けます。述語を中核にした語順が身に付きます。

 

何が言いたいのかはおおよそ検討はついても、語順が間違っていると、中国人には分かりにくく、嫌がられます。正しい語順の感覚を養いましょう!  

 

■ 日本語や英語と違う表現方法は補語の使い方や、接続語のない中国語ではどういう言い方になるのか?です。

 

先に要点を言って、あとからつなげるという表現法です。「中国に出張にいく。」は中国語では「中国に行く、出張(で)」です。

 


★ ですので「現地で通じる中国語」はそれほどレベルの高い中国語ではないのです。ざっくりとした、コミュニケーションを重視した実践的レッスンで、現地で通じる学び方になるのです。でも中国語を操って自分のフィールドを広げたいのであればどうぞ本格的なレッスンの基礎作りもなさってください!この教室でのレッスンでHSK6級最高級が可能です。


このような目標にしっかりお応えします!

将来につながる土台をきちんと作りたい

正確にピンインをマスター、文法は基本構造と語順を理解し、リスニング力をつけることが土台作りになります。

日本語力の高いまた日本人に教えることに経験を積んだ講師ならご期待にそえます!

  HSKを目標にして学びたい

ee!chaiはさいたま市最初のHSK認定校です。HSKの学習ポイントは語彙を増やし、用法を知ることです。さらに語順と構文力で作文を強化、リスニング力は「言えれば聞ける」の原則で、口に出して耳を鍛えるレッスンを行います。

  流暢に話せるようになりたい

話すことが肝要ですが、最初は難しいのでQ&A対話で「聞いて、その問いの文を使って答える」ことで会話に慣れます。思うことを述べて間違っても、講師は正しい言い方を小さい声でフィードバック(リキャスト)します。間違えればリキャストで自分で間違いに気づくようになりますから、却って上達します。


発音は子音・母音・声調を分解して合体する、中国人が小学校で習い、大人になっても使う方法( 合体式ピンイン練習法)で、自分でも練習できるようにお教えします。

音声だけを聞いて、意味が理解できなければ会話になりません。文の流れに沿って意味を取る「チャンク音読」はリスニングの強化トレーニングで、朗読の練習にもなります。

文型を図解で分かり易く。述語になる動詞や形容詞をマークして、語順を意識しながら、正しい語順を身に付けます。語順が身に付けばネイティブらしい中国語になります。



どんな方にも、ともかく習いやすい!

習いやすい!3つのポイント!

1:大宮駅西口徒歩数分そして受講ごとに払う都度払い : 外国語教室の多くはコースレッスンにして、1っ回のレッスン単価を抑えます。でも結局回数を習いきれずに辞めてしまう方も多いようです。都度払いは受講毎の支払いですから、受講料は無駄になりません。お支払いはスイカ、クレジット、当日ネット振込も可能です!  面倒な方は事前に希望回数お支払いも可能です。 

2:予約は講師と直接可能 : ラインやメールで直接講師に申し込めます!毎週同じ時間の固定予約のほかに、都合の良い時間を選んで学ぶ自由予約もあります。講師とのダイレクト予約ですから変更なども、相談しやすいですね。

3:一室一組マンツーマン : 道路に面した窓際の丸いレッスンテーブルで講師と気兼ねないマンツーマンレッスンを楽しめます。1階が店舗の、マンションビル3Fで、陽当たりのよい明るい一室です。少し大きめのアクリルパーティションやサーキュレーター、次亜塩素酸水加湿機も備えコロナ対応も万全です。

 

ee!chai どんな教室!

話せるようになるStep

「言えれば聞けて、聞ければ言える」言葉を理解するためには音声を言葉として認識することから始めます。発音のルールを知って、自分でも言えるようにします。声調は通じるうえで一番大切です。

 

★ 講師について発音のトレーニングが必要です。YouTubeなどでルールを知ったり、中国語を聞くのはお勧めです。でも自分では口に出さないことです。間違って覚えた声調や訛った発音は簡単には治せません。

文やフレーズで発音が狂わないようにすることも大切です。音読が必要です。ゆっくりではなく、スピードのある朗読で、まず声調を正確に音読します。ピンインの知識が身についてきたら、子音に注意を払って音読をしましょう。

 

★ シャドーイングやシンクロリーデイングで息の継ぎ方まで真似て、イントネーションを習得します。

自分で自己対話のつぶやきトレーニングを経て、対話レッスンです。文字を離れ、音声だけでやりとりをします。まだ文法の知識は必要ありません。


★ 最初はQ&Aレッスンです。講師の質問をしっかり聞いて、その文を使って応えます。基本的な会話文を実際にやりとりしながら、語彙やフレーズを増やしていきます。

文型と品詞の並べかた、つまり語順を学びながら、状況やシーンに応じた適切な会話文で表現できるレッスンを行います。

 

★ 自分の思ったことを口に出してみましょう。でもしばらくは日本語が邪魔をします。ネイティブには変な中国語です。でも気にせずに講師とおしゃべりをしましょう。講師は小さい声で、リキャスト(小声で修正)してくれます。そこでメモを取ったりせずに、自分でもう一度言い直したりしながら、次々と喋ります。いつしか日本語は頭から消えています。正しい中国語表現だけが頭に残ります。

本場・中国式ピンイン練習方


教室は一室一組マンツーマンですので、ソーシャル・ディスタンスに対応した、余裕のある安全な環境で学べます。

この頃では密室の空間が問題視されるようになり、そうしますとこの一室一組マンツーマンこそが、安全安心の土台になりました。こうした ゆとりある環境を引き続きご提供しながらオンラインレッスンの特性も活用、引き続き他では 追従できない料金 も実現させていきます!

 

新型肺炎対策 ☞ ソーシャルデイスタンスのため高さのあるアクリルパーテイションを設置し、換気のためレッスン中は窓を開け、上部にエアコン、窓に向けて片側に扇風機、他方にはサーキュレーターで風を流しております。レッスンの合間は換気扇も使用し、換気には最新の注意を払っております。

料金:50分レッスン

中国語教室 ee!chai

♪ マンツーマン

  教室   ↬ ¥3800

 オンライン ↬ ¥3300

 

♪ 二人セミマンツーマン

         ※ ご夫婦やお友達とご一緒に

   教室  ↬ ¥4400

 オンライン ↬ ¥3900    

教室では現金以外にカードリーダーによるクレジット決済ができます。スイカも使えます。またオンラインレッスンではVISA・マスターカードによるメールで決済URLをお送りし、入力していただくページ決済ができます。この頃はネットで振り込む方も多いので銀行振り込みももちろん可能です。

固定予約と自由予約

中国語教室 ee!chai

■ 予約の方式

 

固定予約自由予約をご用意料金の差は設けていません。

 

固定予約➤毎週同じ曜日・時間でご予約(月3回以上)優先的にご予約ができます。担当講師制。

 

自由予約➤都合の良い時間をその都度選んでご予約。講師が時間によって変わることもあります。

 

ご予約は講師と直接相談の上お決めできます。
ラインなどで行えます。キャンセルも講師にどうぞお伝えください。

 


◆ 駐在前短期レッスン承っております

赴任命令がでて、1か月から3か月程度しかない、しかも仕事の合間をぬって受講しなければならない、そんな短期レッスンお任せください。

 

メイン講師をつけ、その講師がレッスン全体を責任を持って管理します。もう1名サブ講師もつけることで、更に柔軟に対応できます。生徒様名でグループラインを開設、二人の講師と教室レッスンコーチでスタッフを組んで支援いたします。

レッスンの内容をご希望にお合わせします。教室オリジナル補助教材(PDF、パワーポイント)、動画紹介、在宅での学習アドバイスでレッスンの足りない分を補強します。

進捗状況なども、短期でも効果が出るようにレッスンの工夫をします。駐在前レッスンは日本にいるときに学べる事、また中国語の土台作りに集中します。難しいと言われる発音と基本文型の語順に的を絞ります。

 

会話の練習は3か月ありましたら、最後の2週間は、挨拶、名刺交換、相手のことを聞くなど、自然な会話を目標にします。それだけでもきれいな中国語で言えれば、第一印象は抜群です。そこから先は現地でじっくり学んでください。更に短い場合は発音だけでもしっかり身に付けてください。現地の中国人講師は日本語で発音の指導ができませんから、そこの土台が弱くなってしまいます。

 

  • 月末〆翌月25日お振込みもしくは翌月でのクレジット(VISAMasterカード)でお支払いも可能です。
  • お支払いは他にもご相談でお決めできます。3か月まででしたらレッスン終了後の一括お支払いも可能です。
  • レッスンは体験後、すぐに本レッスンを開始できます。
  • 体験レッスンでご希望やその他貴社都合の事柄も伺わせて頂きます。

◆ HSK認定校としてHSKに照準を当てたレッスンを行い、多くの高級合格者を輩出!

 さいたま市で最初のHSK認定校中国語教室です。毎回多くの生徒様が受験されます。

 

「中検」と「HSK」は同じ中国語の検定試験ですが性格を異にする試験です。「中検」は中国語読解及び聴解能力のほか翻訳能力を問います。

 

HSK」は,中国語による設問に中国語で答え、中国語のコミュニケーション運用能力を測るテストで、翻訳能力は問われておりません。

 

ということで当教室は中検ではなくHSK受験をお勧めしています。HSKは現地で使っている活きた中国語が題材ですから「聞き取れて話せる」能力のレベル判定には適切です。多くの生徒様が高級5級や最高級6級に合格しています。