ローマ字との違いでピンインの構造と発音のフォームで解説します。

中国語ピンインが初めての方はまず次の動画をご覧ください。

 

実際の練習に入る前の予備知識としてこの動画を参考にご覧ください。

 

YouTubeで「よく分かる中国語発音超入門講座(全10回)」

カエルライフ - 中国語学習サイト

がありますが、初めての方はこの動画ご覧になることをお勧めします。

 

※ カエルライフさんの無料動画をユーチューブから参考動画として引用しています。

 



ピンインとは?

 

Wikipediaでは「拼音(ピンイン、拼音: pīnyīn)は、中国語で音節を音素文字に分け、ラテン文字化して表記する発音表記体系を指す。」とあります。

 

日本の漢字は振り仮名があり、平仮名・カタカナで読むことができます。外国人が平仮名や漢字を読めるようにローマ字があります。

中国語の漢字が読めるように、アルファベットで中国語の漢字を読めるようにした発音表記体系がピンインです。

 

幸い日本のローマ字と同じ構造で「子音+母音」のセットで成立しています。日本語にはない声調という四つのトーンがあり、その符号は母音の上に振られています。

 

★ 中国語の漢字を中国語で発音するためにはピンインを学ぶ必要があります。

 

日本語の母音は単母音の「あ・い・う・え・お(を)」の4っつですが中国語には単母音以外に複合母音がありますから複雑です。また子音は日本語にはない発声法の音声もありますから、日本語耳で真似をしても中国語の音声にはなりません。ネイティブ講師について発音トレーニンングが必要です。

 

実際習い始めでこのように感じる人は多いようです!



難しそうなピンインですが、下記のピラミッドに沿って、順に積み上げるように学べば、混乱せずに効率良く学べます。

◆ 中国語発音でピンインは奥の深いものがあります。

 

皆さんは中国語を学ぶ際に目標をどこに置きますか?

通じることを目指すのであれば「声調」に力を入れれば通じ易い中国になります。

 

母音をマスターすれば聞きやすい中国語になります。中国式ピンイン練習で子音を鍛えれば、ネイティブ以上のきれいな中国語を話すことも可能です。


声調を分かり易く解説し、音程の確認もできる次のNote記載の記事をご覧ください

◆ 声調をマスターするための最初の鍵、音域拡張!

 

声調をマスターするカギはまず音域拡張です。音域拡張ができていませんと声調が不明瞭になります。そうしますと母音・子音が上手でも、通じない中国語になってしまいます!

 

まず最初に声調とは何かをはっきりと押さえておきましょう。声調と言いますと、多くの方は要するにアクセントですよね、と考えるかもしれません。声調とアクセントは違います。

 

※詳しくは左の画像もしくは【ピンイン教本!ワークブック1】をクリックしてNoteの記事をご覧ください!

 

「ピンク帽子の"ドレミファソ"」で高低トーンを確認できます。


中国語発音のメカニズムが分かる!

ピンイン教本シリーズをご覧ください・





ピンイン教本-7 状況に合わせて柔軟に変化して対応する中国語の母音!

母音のメカニズムが分かれば、母音の発音がこんなに変わる!

ピンイン教本-8 子音優先の中国語!母音優先の日本語。トレーニングも中国語では子音法!日本語は母音法。

子音と母音のメカニズムが分かれば、中国語発音の特徴がスッキリ!わかる!

ピンイン教本-9 バイオリンの中国語、ピアノの日本語、他ピンインの構図

子音・母音のメカニズムが分かれば、発音の仕方の全体がスッキリ掴める!



ピンイン教本-10 複数の母音で一つの母音、複合母音の実体をつかもう! 

子音優先・母音重要のメカニズムが分かれば、複合母音もスッキリわかり、もう完全なネイティブ発音!

ピンイン教本-11  音には出さなくても、疎かにしてはいけない子音の構え

子音優先はピンインの子音発声を徹底的に身に付けて実現!